くじ引きで合計21000円分の商品券が当たった


私が最近うれしかったことは行きつけの趣味のお店(釣具店)で合計21000円分の商品券が当たったことです。
当たった金額も嬉しいのですが、その当たり方の経緯も含めてミラクル感があって嬉しかったのでちょっと話させてください。

その釣具店では5000円購入ごとに抽選券1枚貰えるというキャンペーン中で、私は以前の買い物で抽選券を4枚溜めていたので、その日入店してすぐに4枚のくじ引きをしました。すると、合計1000円分の商品券が当たりました。それだけでも十分嬉しかった私は、その1000円の商品券を使ってあれこれ6500円分の買い物をしてしまいました。1000円の商品券に浮かれて買いすぎたかなと思ってレジで商品券を使って合計5500円払いました。

意識したわけではないのですが、また5000円以上買ったのでもう1枚抽選券をもらい、それを使って抽選するとなんと1等の20000円分の商品券が当たってしまったのです。つまり、最初に1000円当たらなければその日私は5000円以上の買い物はしなかったはずなので、最初の当選がトリガーになって最終的に1等を引き当てることができたというミラクルが起きたのです。

その日当たった20000円分の商品券はまだ手元にあるので、今は何を買うのに使うかカタログとにらめっこです。